福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは高齢者や障がい者の方たちが自立し、住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。
相談者に合わせた住宅のコーディネート、福祉用具や介護用品などの情報を提供を行っていきます。
クライアントによっても必要としていることはそれぞれ異なるため福祉住環境コーディネーターは各種の専門家と連携ができるように幅広い知識を持つことが必要です。
福祉住環境コーディネーターは医療・福祉関係者や建築・建設関係者のキャリアアップにも活かすことができます。
高齢化が進み超高齢社会であるため様々な業界でのニーズが高まっており、今後も更なる高齢化が予想される中で更なる活躍が期待されます。
資格取得することで介護の現場や住宅の営業、自宅の新築やリフォームにも役にたちます。
資格取得の試験には1級が2級合格者が条件です。
2級から3級は実務経験などの受験資格は無く誰でも資格取得を目指すことができるため、初めての方にも学びやすく目指しやすい資格と言えます。

Copyright© 福祉住環境コーディネーター All Rights Reserved.