少子高齢化で注目が高まる、福祉住環境コーディネーター

少子高齢化が進む日本。
高齢者や障害者の生活を支援する職業として、福祉住環境コーディネーターがあります。
医療や福祉、建築に関する専門知識に基づき、高齢者らが暮らしやすい住宅改修に関する提案が役目である福祉住環境コーディネーター。
バリアフリー施設や住宅も増加する昨今、今後もますますニーズが高まる職と見られています。
福祉住環境コーディネーターの資格は1級から3級までがあり、初級である3級ではバリアフリーとユニバーサルデザインや住まいに関する基礎知識や多様化するライフスタイルに関する知識を求められます。
3級に認定された後は、その知識を基により高度な応用力を問う2級、1級と進みます。
試験はマークシートと記述形式であり、制限時間は2時間。
100点満点中70点以上獲得することで合格となります。
受験料は級ごとに異なり、日程などは公式サイトで確認できます。
個人の他、企業などの団体でも申し込みが可能となっています。

Copyright© 福祉住環境コーディネーター All Rights Reserved.