今後の日本で必要になる職種です。

最近注目されている資格のひとつに福祉住環境コーディネーターが挙げられます。
少子高齢化社会へと突き進んでいる日本において、福祉住環境コーディネーターは重要な役割を担う職業です。
主に身体に障害を抱える人や、身体の機能が衰える高齢者などに向けて、生活しやすい住環境の提案をする仕事が福祉住環境コーディネーターの役割です。
そのほかに介護用品や生活品などのアドバイスを行うため、生活のアドバイザーといえるでしょう。
福祉の視点から住環境を見る力を持っているのがこの資格の保有者であるため、健常者では気が付かない細かな点のアドバイスもしてくれます。
この資格を取得するには、東京商工会議所が主催する試験に合格する必要があります。
1級から3級までのレベルで構成されているため、3級から順に受験するとよいでしょう。
2級から1級は難易度が高く、専門の勉強をしないと合格は難しいとされています。
このため、この資格を取得したい場合には専門学校や通信教育などで学ぶ人が多い傾向です。

Copyright© 福祉住環境コーディネーター All Rights Reserved.