住み心地よい家をめざして

福祉住環境コーディネーターと聞いて、すぐに具体的な仕事が思い浮かぶ人は、少ないはずです。
しかし、高齢化が進む社会の中で、福祉住環境コーディネーターの役割は、今後さらに重要になっていくことが予想されます。
この仕事をわかりやすく説明すれば、高齢者や障害者の住環境を見直し、整備していく仕事です。
たとえば障害が進行し、入浴が難しくなった人のためにバズルームを改善したり、病気の後遺症で車いすを利用する人のために屋内外の段差を解消するプランを提案し、その実現までをサポートしていきます。
つまり、主な仕事内容は身体の不自由な人のために住宅リフォーム案を立てることですが、依頼者の身体的な状態のほか、生活全体を考慮しながら計画を進めて行かなければならないのです。
依頼者の要求がはっきりしている場合は、それに沿ったプランを提案していきます。
でも、高齢者の方の中には、病気やけがで身体の状態が変化してもがまんしたり、(もう何もする気が起きない)と悲観する方もいらっしゃいます。
そんな場合、時間をかけて対応し、どうすれば生活がより快適になるのか、いっしょに考えていく姿勢が大切になります。

株式会社ヤマダ電機について書かれております

イオンタウン郡山のジェイエステクリニックをご紹介

株式会社ヤマダ電機について書かれております

大阪市での会社設立を応援|あさひ税理士事務所

ニナファーム 大島について書かれております

サンプルイメージ1

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは高齢者や障がい者の方たちが自立し、住みやすい住環境を提案するアドバイザ

サンプルイメージ2

生活環境を快適にする

高齢社会を迎えて、建物のバリアフリー化が盛んになっています。
建物のバリアフリー化とは、エレベ

今後の日本で必要になる職種です。

最近注目されている資格のひとつに福祉住環境コーディネーターが挙げられます。
少子高齢化社会へと

Copyright© 福祉住環境コーディネーター All Rights Reserved.